家賃滞納で引越のほうが損するかも

家賃滞納で引越のほうが損するかも

数か月分の家賃を滞納してしまうと、大家さんから退去するよう言われてしまう事があります。このときに退去を考える人も多いと思いますが、少し冷静になって考えてみて下さい。もしかしたら滞納分を支払うほうが安い事もあるのです。
例えば、家賃滞納分が3ヶ月くらいになると退去するよう言われてしまう事が多くなっています。その際には滞納の負い目からか住みにくいと感じてしまい、退去を考えるのではないでしょうか。でもちょっとまってみてください。3か月分の家賃を支払うのと、引越にかかる費用を比較してみましょう。新しく部屋を借りるためには敷金、前家賃、場合によっては礼金がかかります。更に引越料金でしょう。これらの金額を合わせると意外と家賃の滞納金を支払ったほうが安い事もあるのです。また、その際には引越の手間や時間、労力など総合的に考えてみて下さい。
ただし、今の家賃が高すぎて支払う事が困難なら、引っ越す事も考えてみましょう。そのほうが最初はお金がかかりますが、後々楽になる事も予想できます。家賃の額が身の丈にあっていないなら、いさぎよく引越してみて下さい。その時の家賃滞納分は、家主も改修は不可能とし大目に見てくれる可能性もあるため、交渉してみましょう。