家賃滞納分は敷金分でまかなえるか?

家賃滞納分は敷金分でまかなえるか?

例えば、家賃を滞納していて大家さんとの話し合いで出ることにしたとしましょう。その時に発生している滞納金は、敷金でまかなえるのでしょうか。
この場合は大抵は敷金でまかなう事はできます。しかし、敷金というのは家を出るときに修繕費の一部として取り扱う事も多く、修理がまったく無かった際は全部当てる事ができるという事になります。修繕費が思っているより高額になってしまったら、家賃の滞納分すべてが無くなる事はなく、未納分が発生してしまいます。家賃を何か月分滞納しているのか、または敷金はいくら預けているかによっても異なるのです。このような措置をしてもらうときには、修繕費が高額でないかもチェックし、家賃滞納分に当ててもらえるようお願いしてみて下さい。今までの対応がよければ、悪質な修繕費を請求されたり、敷金でまかなえないとは言われないと思います。
また、このまま住み続けるのに家賃を滞納しているから、敷金でまかなって欲しいというのは間違った考え方です。先ほども説明したとおり、あくまでも退出時の修繕費の一部として取っているからです。そのほか、万が一滞納された時の保障の意味も持っており、大家さんとしても退出しないのに当てる事はできないのです。