家賃滞納で強制撤去はありえる?

家賃滞納で強制撤去はありえる?

家賃の滞納で一番気になるのが、強制退去させられるのは何ヶ月頃からなのか?ということではないでしょうか。一般的には3ヶ月ほど滞納すると強制退去の措置が取られる事が多くなっています。しかし、3ヶ月家賃を滞納したからといって必ずしもその家を出なければならないわけではありません。このくらいの時期になると家主は措置に対する手続きに出ることが多く、裁判所に対し強制退去または強制支払の命令を下してもらう事になるのです。家主が何もしなければ、本来は3ヶ月だろうが半年だろうが出る必要は無く、その期間は曖昧なのです。
ただし、強制退去の前には事前に書面や電話などで連絡が来ます。家主や管理業者としても本当は家賃を支払ってもらったほうが良いからです。この段階で分割で支払うとか、未払い分の一部を払うなど何らかの話し合いが行われます。それでも支払い出来ないような状況ならやもえなく強制退去のための法的措置に進められる事になります。
また、裁判所命令が下されるまではある程度の時間が必要となるため、多くの場合は話し合いで解決しています。催促が来た段階で支払を決めるか、または本人の意思によって退去してもらうなどです。実際には命令が出るまでに1年くらいかかる事もあるため、面倒な事を避けるよう話し合いで解決するケースが多いのです。